トリキュラーを服用すると太る、不妊症になるなどと誤解していた女性も多いと思いますが、けしてそんなことはありません。トリキュラーは副作用が少なく様々な効果があり安全な低用量ピルとなっています。誤解している方は当サイトをご覧になりトリキュラーについて学びましょう。

多くの薬と女性
  • ホーム
  • トリキュラーは錠剤によって比重が異なる?

トリキュラーは錠剤によって比重が異なる?

トリキュラーといえば低用量ピルの中でも最もポピュラーな経口避妊薬です。
トリキュラーには21錠の錠剤でできたシートと初心者向けの28錠の錠剤でできているシートがあり、21錠のシートの方は通常の低用量ピルのように生理期間の7日間は休薬期間となるので8日目からまた服用を再開しますが、28錠のシートの場合は生理期間中も錠剤を飲み続けます。
生理期間である7錠分には、ピルの薬効は含まれておらずプラシーボ剤なので自分で服用を中止したり再開したりする手間が省けるのでピル初心者に適しているといえるでしょう。
そんなトリキュラーは、三相性のピルなので一日でも飲み忘れると避妊効果が得られなくなってしまうので注意が必要といえます。
なぜなら、トリキュラーは服用する錠剤によってホルモン量の比重が異なるからです。
通常のピルは、どの錠剤にも同じ分だけのホルモン剤が含まれていますがトリキュラーを始めとする三相性のピルは飲む時期に合わせてそれぞれホルモンの量が異なるので飲み忘れることはできないとされています。
なぜ、飲む時期によってホルモン量が異なるのかということは、なるべく体への負担を軽減するためと言われています。
すべての錠剤が一定のホルモン量である場合、体内に吸収されるホルモン量が多くなることで副作用や体への負担が強く出ることが考えられますが。
トリキュラーのように飲む時期によってホルモン量が違うことで結果的に体内に吸収されるホルモン量が少なくなるため体への負担や副作用が出る心配が少ないとされているのです。
そのため、なるべく副作用や体への負担を少なくしたい、あるいは飲み間違えない自信がある人はトリキュラーの服用が良いといえるでしょう。

関連記事